Centos7 OpenLiteSpeed Mysql8に WordPressをインストールする

sudo yum update -y

アップデート

sudo mkdir /opt/ols && sudo chown centos /opt/ols && cd /opt/ols

作業ディレクトリols作成、所有者変更、移動

sudo rpm -ivh http://rpms.litespeedtech.com/centos/litespeed-repo-1.1-1.el7.noarch.rpm
sudo yum install epel-release -y

リポジトリをインストール

sudo yum install gcc gcc-c++ make autoconf glibc rcs wget cmake unzip -y
sudo yum install pcre-devel openssl-devel expat-devel geoip-devel zlib-devel udns-devel -y

必要ツールをインストール

wget https://openlitespeed.org/packages/openlitespeed-1.5.0.src.tgz

OpenLiteSpeedホームページで最新版1.15.0のURLを入手してダウンロード

tar xvf openlitespeed-1.5.0.src.tgz && cd openlitespeed-1.5.0

解凍、中に入る

./configure --with-brotli --with-iptogeo2 --with-openssl
make
sudo make install

/usr/local/lswsにインストール完了

sudo systemctl enable lsws

自動起動設定

sudo systemctl start lsws

OpenLiteSpeedスタート

systemctl status lsws

確認

OpenLiteSpeed起動

OpenLiteSpeed起動

Mysql8インストール

sudo rpm -Uvh http://dev.mysql.com/get/mysql80-community-release-el7-1.noarch.rpm

MySqlリポジトリをインストール

sudo yum install mysql-community-server -y

Mysql8をインストール

sudo systemctl enable mysqld

自動起動設定

sudo systemctl start mysqld

Mysql8

systemctl status mysqld

確認

Mysql8起動

Mysql8起動

sudo vi /etc/my.cnf

viでmy.cnfを開く

# sort_buffer_size = 2M
# read_rnd_buffer_size = 2M
#
# Remove leading # to revert to previous value for default_authentication_plugin,
# this will increase compatibility with older clients. For background, see:
# https://dev.mysql.com/doc/refman/8.0/en/server-system-variables.html#sysvar_default_authentication_plugin
# default-authentication-plugin=mysql_native_password

datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

default-authentication-plugin=mysql_native_password

この行の#を消す

キーボードのEscを押す

/wq!

viを閉じる

vi /var/log/mysqld.log

パスワード確認

mysql_secure_installation

略

Enter password for user root:

パスワード入力。コピペでOK。

The existing password for the user account root has expired. Please set a new password.

<

pre>

新パスワード入力

The 'validate_password' component is installed on the server.
The subsequent steps will run with the existing configuration
of the component.
Using existing password for root.
Estimated strength of the password: 100 
Change the password for root ? ((Press y|Y for Yes, any other key for No) :

nを入力、以降はy連打。

mysql -u root -p

Mysqlから強制的に追い出されるので再びログイン。

パスワードを入力。

create database 1111;
CREATE USER  9999@localhost  IDENTIFIED  WITH  mysql_native_password  BY '123abc';
GRANT  ALL  PRIVILEGES  on  1111.*  to  9999@localhost;

データベース1111を作成。
パスワード 123abc のユーザー9999を作成。
ユーザー9999にデータベース1111の全権を付与。

ALTER  USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED  WITH  mysql_native_password  BY '567def';

ユーザーrootの認証方法を変更。

SELECT  user, host, plugin  FROM  mysql.user;

確認

rootとさっき作成したユーザーの認証方法がSELECT mysql_native_password ならOK。

exit

Mysqlからログアウト

WordPress インストール

SELINUXを切らずにやるのでデフォルトのドメインルートにWordpressをインストール。

sudo mkdir /var/www && cd /var/www

wwwディレクトリ作成、移動。

 sudo wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

WordPressをダウンロード

sudo tar xvf latest-ja.tar.gz

解凍

sudo mv wordpress 1234.com

ディレクトリ名を1234.comに変更

sudo chown -R nobody:nobody 1234.com

ディレクトリ1234.comの所有者をOpenliteSpeedの実行ユーザー:グループのnobody:Nobodyに再帰的に変更

WebAdmin設定

ブラウザにインスタンスIP:7080を入力してWebAdminに接続

add user 1111

作業ユーザー1111を作成

passwd 1111

作業ユーザー1111のパスワードを設定

Changing password for user twicefan.
New password: 
Retype new password:

パスワードを2回入力してパスワード設定完了

visudo

1111にパスワード無しroot権限を付与する

キーボードのiを押す

root    ALL=(ALL)       ALL
1111 ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

Rootの下あたりに
1111 ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
を記入

キーボードのEscを押す

:wq!

設定完了

未分類
スポンサーリンク
仮想犬

コメント

タイトルとURLをコピーしました